原因について

首イボや顔イボのできる原因について

ここでは首イボ顔イボ原因について書いていきたいと思います。

首や顔に小さいイボができてしまうと触ってもざらざらしますし、見た目を悪くなってしまいますもんね::

私自身も数年イボに関しては悩んでいました。。

まずは首イボや顔イボの原因について考えていきましょうね^^

首イボや顔イボができてしまう原因は?


首やデコルテや顔にできてしますイボですが、主なイボの種類としては、

  • アクロコルドン(スキンダック):約直径数mm
  • 軟性線維腫:直径1~2cm

があります。

このアクロコルドンというのは小さいイボで主に茶色で首などに沢山できてしますイボです。

一方、軟性線維腫は1か所にできることが多いみたいです。

とくにこういったイボは皮膚の薄い所にできやすく、とくに30代~40代の方に多くみられます

とくに良性のイボなのですが、やっぱり見た目に影響してきますもんね。::

女性の方ならとくに首をオープンにして服などは沢山ありますので、そういった服が着れなくなるのもあんまりです。

 

主なイボの原因について


上記画像のウイルス性のイボに関しての原因はウイルス感染ですが、

一般的な茶色のイボに関しての原因は、

  1. 紫外線
  2. 加齢
  3. 摩擦

になります。

とくに紫外線が一番の原因とも言われています。

紫外線対策は必須ですね。

しかし、できてしまったイボに対してはイボ取りクリームクリアポロンなどを使うのがおススメです。

気になる方はメニューの「クリアポロン」というところをクリックすると詳しいサイトがありますので参考してくださいね。


次に加齢も首イボ・顔イボの原因でもあります。

↑これも原因ではありますが、どうしようもないことなのでしっかりとこれからイボに対しての対策をしましょう。

先ほど紹介したクリアポロンも有効ですが、一番手っ取り早いのが、病院にいってレーザー治療をすることです。

値段は張りますが、一番物理的に可能な治療ですので、お金に余裕ある方にはおすすめですよ^^


最後の原因が、摩擦です。

首イボや顔イボの原因として一番軽視しがちなのが摩擦です。

女性の方は尚更ですが、ハイネックのセーターやマフラーなど首までかかる服を着る機会は男性よりも多いはずです。

そういった、繊維のちくちくとしたものが皮膚に当たることで、イボができてしまうことがあります。

首などはタダでさえ皮膚が薄いので危険です。

そういった習慣から首イボができてしいます。

 

以上、紫外線・加齢・摩擦といった原因について記載しましたが、

対策できることはしっかりと対策していきましょう。

 

ですが、できてしまったイボに対しては、

  • イボ取りクリームを使う(クリアポロンなど)
  • レーザー治療する

などしてケアしましょうね。^^

そして、これからは原因が分かったとおもいますので、しっかりと対策していきましょう。

 

これからはもっと有益な記事を書いていきますので参考にしてくださいね。^^